牛頭馬頭

週末キッチンドランカーのレシピ帖

【レシピ】辛旨ワンタンスープカレー

このところスープカレーにハマっている。
と言っても本場の北海道で食べたことはなく、都内の有名店をいくつかまわった程度の俄かファンだが。

 

食べ歩いて気づいたのはスープカレーってものすごく手間と時間がかかっているなーという事。

時間をかけてスープを取ったり、こだわりのスパイスを揃えてブレンドしたり、トッピングもたくさんの種類が必要だ。(野菜とか)

メニューを見ると1000円を超えることが多く、それまでは「なんか高い」というイメージがあったが、原価や人件費などのコストを考えると妥当かも、と思えるようになった。

 

そんな訳でスープカレーのレシピにも興味が湧いて調べていたら、スープの取り方がラーメン作りと通じるものがあるなぁ、と気付いて自分でも作ってみたくなった。

 

せっかく自作するなら自由に行こう。

まず、トッピングにはワンタンをのせてみたい。

カレー味にワンタンは絶対合うだろう。

 

スープには豚骨やもよく使われるようだが、重くならないよう鶏だけでいいかな。

親鶏でしっかり出汁をとって和だしと合わせてみたい。

丸鶏で買ってもも肉の部分をトッピングにしよう。

 

呑みながらネットを見ていたら親鶏を見つけたのでポチッと。

 

役者は揃った。

 

続きを読む

【改良版レシピ】1時間で作る煮干し醤油ラーメン~2017早春~

 

去年のある日、仕事からの帰り道。

「煮干しラーメンが食べたい。今すぐ食べたい!」

と思い立ち、作ってみた即興煮干しラーメン

 

まずくはなかったのだけど、しょせんは時間がない中で適当に作ったスープ。

正直に言って煮干しの風味や全体の出汁感が薄っぺらくて満足のいくレベルではなかった。

 

そこで何度か改良を重ねたところ、1時間という制限時間の中でもそれなりのものができるようになった。

今回は改良版としてそのレシピを書いてみようと思う。

続きを読む

壊れたパスタマシンを修理した話

 

先日、鯛ラーメン作りで1mm幅の麺を切るのに使った激安パスタマシン。

 

 

もともと1.5mmの切刃が欲しくて楽天で3000円程で購入したものだが、内部のギヤが壊れて歯が回らなくなって以来、お蔵入りとなっていた。

壊れかけのレディオならぬパスタマシンだ。

まぁ1.5mm以外の切り刃もあって一応使えることは使えるのだけど・・・

 

というわけで現在自分がメインで使用しているのはその後ヤフオクで見つけた東沢式製麺機

こいつは頑丈でとても気に入っている。

しかし切り刃が選べず2mm幅のいわゆる太麺しか切り出せない。

 

しかし自作ラーメンのバリエーションを増やすためにはやはり1.5mmの麺が必要。

1.5mmは業務用製麺機の「切刃番手」でいうと「20番」の太さでラーメン屋さんでもよく見かける標準的な太さだと思う。(切刃番手-Wikipedia

2mmと1.5mmの違いはたった0.5㎜だがこの差は大きい。

 

新しくパスタマシンを買うという手もあるが・・・

 

妻の稟議を通すのは難しいだろう。

「2mmと1.5mm、たった0.5㎜だがこの差は大きい」

と訴えたところで絶対に妻には理解してもらえない。

 

「はぁ?アナタまた壊すんでしょ?」

とか言われカチンときて夫婦喧嘩に発展する、というシナリオが見える。

 

よし、ならば壊れたパスタマシンを修理してみよう。

 

続きを読む

野菜だけで作るカレーライス

 

職場の近くにオーガニック系のオシャレなカレー屋がある。

 

何やら有機野菜だけで作るカレーライスを出すらしい。

その店の存在は何年か前から知っていたが入ったことはなかった。

 

だってぶっちゃけ野菜だけでうまいカレー作れるわけないじゃない?

肉とか魚介を入れないなんて、と。

もしエンケンさんやマーシーが認めたとしても俺は認めないと思ってたわけです。

 

しかし最近、気まぐれで入ってみたのです。そのカレー屋に。

んで、メニューから基本ぽい野菜だけで作ったというカレーを注文。

出てきたのはご飯の上にグリルされた野菜が乗ったビジュアル優秀なカレーライス。

カレーソースは野菜ペーストをベースに作ったと思われるもの。

で、一口食ってみたら。

 

 

めちゃくちゃうまい!

 

 

色んな野菜の重層的な甘みにスパイスと辛さが絶妙なバランスで絡んで美味しい。

 

このカレーソース、本当に野菜だけか!?

ちょっと感動した。

気付いたらペロリです。

 

でも、野菜だけでここまで重厚な旨味が出せるとはにわかに信じられなかったので自分で作ってみることにした。

続きを読む

雲呑麺を作った話

 

雲呑(ワンタン)が好きだ。

 

ラーメン屋のメニューに雲呑麺を見つけるとついつい注文してしまう。

 

最近食べて美味しかったのは目黒の支那そば「かづ屋」のワンタンメン。

中にたくさん具が詰まっていて皮もプルプルでしっかりとした食感があって良かった。

  

具があまり入っていない皮ばっかりのふにゃ~とした柔らかいタイプも好きだ。

こういうタイプはレンゲですくって口に運ぶとすぐにとろけ、まさに「雲を呑んでいる」という感じがして幸せになれる。

 

一口に「雲呑」と言っても店によって色々特徴があって面白い。 

 

そういえば餃子は自分でよく作るけど「雲呑」は作ったことがないなー、と気付いたのでラーメンと一緒に作ってみることにした。

続きを読む

3時間で作る鯛ラーメン

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、正月休み空けからのもて余し気味の三連休初日。

ぼんやりTVを見てたら錦糸町のとある魚介系ラーメン屋の紹介をしていた。

最近とても人気があるらしく店の前には長い行列。

鯛から出汁をとっているというスープはじんわり優しい系で確かにうまそうだ。

 

うーむ、鯛ラーメンが食べたい。

年末からの暴飲暴食がたたって不調気味のお腹にも良さそうだ。  

でもあの行列には並ぶのはちと厳しいな・・・

 

それなら自分で作ってみよかと。

暇だし、正月だし、めで鯛ということで。

 

スープは鯛のお頭からダシをとろう。安いし。

麺は細めが良いだろなー。

 

なんて考えながら子供をプールに連れてったりと用事を片付けて買い物して帰宅したのは夕方5時。

あれま、もうこんな時間か。

ゆっくりスープ炊いてたら晩飯に間に合わないぞ。

 

さくっと時短モードで作ろう。

目標3時間以内で完成させたい。

 

続きを読む

インスパイア系家二郎『三里眼』を作った話

 

「二郎」と呼ばれる豪快なラーメン屋をご存知だろうか。

 

「ニンニクマシマシ」という言葉でピンと来る方もいるかもしれない。

山盛りの野菜とニンニク、豚、それに麺の量が異常に多いのが特徴で、濃厚な豚のエキスが溶け込んだスープは中毒性が高く一度ハマると定期的に食べたくなる。

 

自分も時々無性に行きたくなるが残念ながら近所には二郎の店舗がなく頻繁には行けない。

 

しかし最近は「インスパイア系」と呼ばれる二郎を模したラーメンを出す店も多い。

このインスパイア系も店によって少しづつ味が異なっていて面白い。

その中でもとりわけ東北沢にある『千里眼』は別格な美味さだと思う。

乳化したトロンとした濃厚スープに独自の極太麺(最近自家製麺に変わったらしい)が絡む最高の一杯だ。

 

自分の知り合いにもここのラーメンのファンは多い。

そんな友人が集まる忘年会にお呼ばれしたので友人宅の台所を借りて自作ラーメンを振る舞うことになった。

 

よし、せっかくなので『千里眼』をイメージしたラーメンを作ってみよう。 

さて、どこまで本物に近づけられるか。

 

続きを読む

禁煙の記録 - たばこをやめて太り、ランニングで少しやせた話

f:id:K8A:20161005093505j:plain

前から時々書いてる「たばこをやめてから」シリーズ(?)。 

今回は禁煙をはじめて約1年半たった現在の状況を書こうと思う。

以前の記事はこちらから↓

たばこをやめて150日たったので経過をまとめてみる。

たばこをやめて1年たったので経過をまとめてみる 

 今回はこの続きの第3話。

(レシピのハナシでなくてすみません)

 

■■■

 

禁煙後1年でそれまで60kg前後だった体重が70kg近くにまで増えた。

 

原因は分かっている。ズバリ食べ過ぎと呑みすぎだ。

 

タバコをやめてから食の楽しみに目覚めてしまい、禁煙で浮いた小遣いを人気のグルメ店巡りで費やすようになった。

もともと食べるのは好きで比較的大食いだったが禁煙後は明らかにカロリー摂取量が増えた。

 

ランチはそれまで立ち食い蕎麦やコンビニおにぎりなどが多かったが、ラーメンや中華料理屋で大盛でオーダーするようになった。

 

夜は夜で妻が作った晩飯をがっつり食べる。

妻は揚げ物が好きで「あー、天かすの天ぷらが食べたい」と言ってのける猛者だ。

そんな彼女の作る手料理は美味しいが総じてカロリーが高め。

夫のポッチャリ化をさらに加速させる。

 

「おいしいものは脂肪と糖でできている」というけれど、その通りだなあ。

やっぱ二郎ってうまいなあ。でも最近ほぼ毎日ラーメン食べてる気がするなあ。

 

なーんて感じで制限なしの自堕落な食生活を送っていた結果、あちこちに贅肉が付き、半年ぶりに会った知り合いに「あれ、太りました?」と半笑いで指摘された。

ちょっと前までは「若い頃と体形変わらないよねー」なんて言われていたのに。

写真に映る自分の腹を見ても明らかにぽっこりして存在感がでてきた。

 

ショック。

 

このままではメタボ街道まっしぐらだ。

どげんかせんといかん。


ただ食生活を制限するようなダイエットはしたくない。


残された道は・・・

 

走るしかない。

 

ということで今年(2016年)の5月からランニングを始めた。

 

前置きが長くなったが、その後5カ月でどう変わったか。

そのあたりの話を書いてみる。

 

続きを読む

【レシピ】濃厚!味噌おでん

 

「おでん」

と聞くとあっさりしたしょうゆ味の出汁に大根などの具材が浸かっている画を思い浮かべる人が多いと思う。

 

我が家では愛知出身の父親が「おでん食べたい」となれば母親が作るのは決まって赤味噌味仕立てだった。

いわゆる名古屋メシ。

濃厚な味噌味で上の写真のように煮汁も具も全部茶色。

知らない人に「おでんだよ」と言って出したら「え?」となるだろう。

 

そんな外見でも、食べてみるとじっくり煮込んだ牛すじ肉など具材から出るコクと甘い赤味噌が合わさってなんともいえない深い風味がある。

豆味噌特有の独自のビターな癖はあるが全体的にはマイルドでやさしい味。

 

味噌が染み込んだ大根を齧ると「うーん、やっぱりこれだわー」となる。

この時ばかりは関東育ちの自分にも父親と同じ尾張人の血が流れていると思う。

 

今回はこの味噌おでんのレシピをご紹介する。

 

続きを読む
© 2016 gozmez.net