牛頭馬頭

週末キッチンドランカーのレシピ帖

トマトのブルスケッタ

学生時代、料理を覚えたくて厨房でアルバイトをしていたのだが、最初の頃に教わったのがこれ。

 

うちの妻は生のトマト系料理が苦手で決して手を出さない。でも何故かこれだけはおいしいとよく食べる。先日久しぶりに家で作ったら妻にレシピを聞かれた。

 

超簡単かつ某レシピサイトで1000個位は見つかりそうなありふれたレシピだけど書いてみることにする。

 

スポンサーリンク

 

 

材料

トマト 4個
にんにく 1/2かけ
黒コショウホール 適量
塩 適量
バジル 数枚

バゲット
バター
オリーブオイル
にんにく 1/2かけ

 

作り方

まずは湯むきトマトを作る。

熟したトマトのヘタを包丁で取り、ひっくり返して浅く十文字に包丁を入れる。

鍋に湯を沸騰させる。

 

 

すくいやすいようにお玉などに入れて鍋にドボン。

ゆっくり15秒数えたら湯から上げて、今度はボウルに張った冷水にどぼん。

 

 

注意点としては複数のトマトを一度に熱湯にドボンする鍋の温度が下がってあとあと剥きにくくなるので、面倒でも地道に一匹ずつドボンするのが吉。あとあんまり長く湯にドボンしておくと身がグズグズになります。

 

一度冷水に入れると、こんな感じで皮が剥きやすくなっている。

 

 

びろびろっと気持ちよく剥いていく。

 

 

皮をむいたトマトは1cm角にカットする。

別にトマトは皮付きのまま作ってもいいが、皮がついているとこの工程で切りずらい。

 

ボウルに切ったトマト、細かく刻んだニンニク1/2、塩を小さじ1くらい、ミルで挽いたホールの黒コショウ、みじん切りにしたバジルの葉、オリーブオイルひと回し入れる。塩は味見をしながらちょっと薄味に調整するといいです。

 

 

さくっとかき混ぜたら冷蔵庫で冷やしておく。

 

 

次にバゲットに塗るガーリックバターを作る。

バターとオリーブオイルと刻んだニンニク1/2を湯煎して溶かし混ぜておく。無塩バターなら塩も入れる。元のレシピはオリーブオイルは入れずにバターだけだったけど足りなかったのでオリーブオイルでかさ増しです。まぁ大丈夫です。

 

 

溶けたガーリックオイルを、切ったバゲットに塗ってトースターで焼く。

この時めっちゃいい香りがする。

 

バゲットが焼けたらその上に冷やしたトマトを乗せて、好みでモッツアレラチーズとか生ハム(前の晩にたべちゃったので写真はなし!)とか、いろいろのせて食べる。

 

 

 

トマトの甘さとジューシーさとバター&ニンニクの香りが混然一体となってうまい。

 

 

皿代わりに使ったこの板はなぜか家にあったのでここぞとばかりに使った。

ほとばしるインスタグラム感。

 

ちなみに材料が超シンプルな分、素材の質が料理のクオリティに直結します。なのでトマトとニンニクだけはちょっといいやつを使うのがおすすめです。

 

あとトマトは余ったらパスタソースとしても使えます。

 

 

お粗末さまでした。

 

スポンサーリンク

 

 

© 2016 gozmez.net